HOME > お知らせ > JGAPについて

お知らせ

JGAPについて

GAPとは「良い農業のやり方」

梅屋ファームの『GAP方針』

  • 1. 具体的な根拠に基づく安全な農作物を作ります
  • 2. 周辺環境に配慮します
  • 3. 作業者の安全に注意します
  • 4. 生産から出荷までの各工程で、正確な作業・記録・点検・評価を行います

『JGAP認証』は、NPO法人日本GAP協会による認証制度で、農産物の生産工程で生産者が守るべき管理基準が定められ、生産者が具体的な方法を定めて実践します。管理基準には、農産物の安全、環境への配慮のほか、作業者の安全と福祉、農場経営と販売管理などについて基準が定められています。

梅屋ファームでは、従来の生産工程を再点検し、さらに今まで足りなかった部分を補うことで、自家農園で栽培した梅の安全性をさらに高めることができると考えGAPの取組みを始めました。また、『JGAP認証』は、第三者による審査・認証であるため、認証を取得することで、自家農園での取組みを誰に対してもわかりやすく伝えることができると判断し、『JGAP認証』の取得を目指しました。 『JGAP認証』を取得した結果、弊社の生産工程で作られた梅の安全性が認められたことになり、従業員にとっても作業安全と福祉に配慮された農場であることが認められたことになります。